ウレシイ出来事 カナシイ出来事

Posted on 08 10月 2012

今年の本流は本当に厳しい。自分はもちろん,仲間たちも口をそろえて厳しさを口にする。

人の多さから,いや魚がいなくなったのか。

ただ,今日は運良くニジマスに出会うことができた自分だが,残念なことに釣れなくなってきた一つの理由かもしれないカナシイ現実を目にしてしまった。

折角釣れて嬉しいはずなのだが,なんだか浮かれてばかりいられない・・・・

 

 

今朝は今年一番の冷え込みだったようだ。

まだ薄暗い本流はガスがかかっているせいで余計に暗く感じた。

少し軽めのティップから徐々に重いラインに変更していった。

フライはいつものごとく大きめのイントルーダー。

全く反応がない。それでも,移動をしたところで他のポイントはすでに先行者で一杯だろうと思い,今日選択したポイントで粘ることにした。

 

 

9時ごろだっただろうか。

今まで辺り一面を覆っていたガスがきれいに無くなり,本流に秋の北海道らしい日差しと抜けるような青空を見せる。

できることなら10月なのだから,紅葉も見れればいいのだが,今年は山も草も青々している。

状況が変わったのだからフライのカラーを変更してみることにする。

 

 

変更して何投目だっただろうか。

これまで全く反応がなかった本流から「グングン」と魚からの反応が。久しぶりに出会った本流のニジマスは30cmほどであったが,1匹釣れてくれるとホント心に余裕ができる。

そして,その場所から10歩ほどステップダウンした場所で,先ほどのニジマスとは全く違うテイクがあったと思うと,一気にバッキングまで出て行く。

慎重に慎重に・・・・何度も何度もラインを出されていく。

ただ,ラインから伝わる重みから姿を見るまではサーモンかもしれないと疑ってしまう。

岸際に寄せてシルバーに輝く魚体を見た時,一気にドキドキが増していくのがわかった。

60ジャストの顔の大きさに似合わない胴体を持った立派なメスのニジマスだった。

久しぶりに出会えた本流のニジマス,あまりの嬉しさに少し大きめの声で叫んでしまった。ガッツポーズつきで(笑)

その後,更に50兆度のよく引く元気なニジマスを追加して本日の釣行を昼前に終えた。

そう,もちろんこれが今日の「ウレシイ出来事」

 

 

そして,「カナシイ出来事」とは,念願かなってようやくつり上げた先ほどのニジマスよりも更に堂々とした胴体を持っているのに,きっとキツネに食べられたのだろう,顔がなくなった状態で陸に打ち上げられているニジマスを見てしまったこと。

 

魚の状態からしてきっと前日なんだろう。明らかにリリースミスによって死んでしまった立派なニジマス。

自分も気をつけなければならない。折角の世界に誇れる北海道のフィールド,どうかみんなで守れますように。

そう,これが今日の「カナシイ出来事」。

そして,どうか今日自分が釣った魚たちはまだまだ生き続け,また他のアングラーに釣られ更に賢くなり,またいつか自分に・・・

もうこんなカナシイ姿をした魚を見ることのないようになってほしいものだ。

 

 

 

 

 



8 Comments to ウレシイ出来事 カナシイ出来事

  • yusuke より:

    110-kenさんこんばんは。
    やりましたね。なかなか釣れない日々もこの日の喜びのためにあるのでしょう。本当におめでとうございます。この時期だけに魚体を見るまでわからないという気持ちもわかります。みた瞬間急に慎重になったぐらいにして(笑)
    機会がありましたら110-kenさんのイントルーダー見せてくださいね。

    • 110-ken より:

      Yusukeさん,こんばんわ

      皆さん,鍋を囲んで楽しまれたようですね,うらやましい限りです(^。^)
      最近,バラしてばかりだったのでようやくニジマスを見ることができ,ホッとしています!走り出してロッドがのされる瞬間を思い出すと,にやけてしまいます(笑)

      さて,自分のイントルーダーをですか・・・・
      はずかしいなーなんだか下着を見られるような感覚です(笑)

  • fishordie より:

    こんばんは。素晴らしい魚ですね!おめでとうございます。こんな魚を見ると北海道へ行きたくなってしまいます。

    リリース後に死んでしまう魚は想像以上に多いようです。今夏、ニジマスのキャッチアンドリリースの釣りによる死亡率を実験で検証したカナダの研究者の論文を読んだんですが、それによると15度の水中で疲労させて釣り上げたニジマスは、水から出さないでリリースした場合は10匹に1匹、水から30秒出してリリースした場合は10匹に4匹、水から60秒出してリリースした場合は10匹に7匹が12時間以内に死んでしまうという驚きの結果でした。これは、水から出されてしまう事によってエラに起こるダメージによるそうです。写真を撮る為に数分間水から出してしまうと、殆ど殺してしまっているようなものでしょうね。私もこの論文を読んで過去に殺してしまったニジマスが思った以上に多かったんだなと反省しました。まあ、私の場合は太めのティペットで強引なファイトをしていたので魚が元気一杯のまま取り込む事が多かったので、その分助かった魚は多いだろうとは思いますが、今後は特に気をつけようと思いました。

    • 110-ken より:

      FISHORDIEさん,こんばんわ

      そうですか,そんなデータがあるんですか・・・
      皆さんのようにたくさんのニジマスに出会っていないので数はさほどであるとは思いますが,それでも多くのニジマスを殺してきたのかもしれません。
      何だか申し訳ない気持ちでいっぱいです。
      折角遊んでくれたニジマスを心一杯の丁寧な気持ちで接していこうと思います。

  • Yun より:

    110-kenさん、こんばんは。
    連休は良い出会いがあったようですね。おめでとうございます。でも、嬉しいからといって写メールは是非やめてくださいね(笑)。
    今シーズン、私も死んでしまっているレインボーを2度ほど見ました。どれもグッドサイズです。最初は鮭かなと思ったのですが・・・。なんか複雑な気分でしたね。
    FISHORDIEさんのコメントはなかなか考えさせられるものでした。写真の撮り方もそうですが、水から出さないなどリリースの方法についてももう少し考えようと思いました。

    • 110-ken より:

      Yunさん,おはようございます。

      迷惑メール,申し訳ありませんでした(^。^)

      サイズや魚種にかかわらずこれから,釣れてくれた魚たちには礼儀をわきまえて接しようと決めました!
      といって,自分はあまり出あうことができないのですが(笑)

  • パジェミニ より:

    こんにちは、なかなかご一緒できないですね!もしかしたら、十勝も山ごもりかもしれないです(涙)
    素晴らしい魚おめでとうございます。
    リリースの件皆さんの話を聞くと、かなり気を使わないと、いけないみたいですね!かなりの人が、手も冷やさず魚を水からあげて撮影しているとおもいます。気をつけたいと思います。
    まっ僕もそんな、メモリアルなのはつれないですけど(笑)

    • 110-ken より:

      パジェミニさん,こんばんわ

      たまたまとは言え,久しぶりにグッドサイズのニジマスに出会うことができました。
      そして,これからもこんなグッドサイズのニジマスに出会うことができるように,みんなでリリースには気をつけなければなりませんね。

      さて,結局一緒に釣りに行けていませんね〜(>_<)
      次回こそ,ぜひぜひ!!

  • 110-ken's Blog is proudly powered by WordPress and the SubtleFlux theme.

    Copyright (C) 110-ken's Blog All Rights Reserved.